確率の収束とは!?

こんにちは、きむらです。

今回は、スロットから生活まで全ての事に
関わってる確率の収束について
正しく理解するための記事にしたいと思います!


確率の収束は勘違いしている方が
かなり多いと思います。

【確率の収束】
についての考え方は特に大事な事です!

 

確率の勘違いとは!?

さまざまなことに当たり前に使っている
確率ですがその意味をはき違えている人は
結構いると思います。

それは例えば
サイコロの1が出る確率は1/6ですが
6回振っただけでは1/6になりません。

回数を重ねれば徐々に
1/6に近ずいていきます。

10回などの回数ではサイコロの確率を
正確に測ることはできないのです。

サイコロの確率は、1/6と言うことを
誰もが知っていますが
6回に1回と簡単に考えてしまってる方が多い
ですが、その感覚が間違っていると言えます。

確率は分母が大きくなるにしたがって
感覚から大きくズレていきます。

確率は 確率 であって
試行回数が少なければ確率通りには
ならないということを
理解しなくてはいけません。

 

確率の収束とは


実際に6回振った時に
1〜6までが1回ずつ全て確率通りには
ほぼならないです。


確率通りにするには
1000回などと回数を重ねていくことで
確率通りの数値になります。

これを収束と言います。

よく、すぐに確率通りにならないと確率が
違うと言いますが
すぐに確率通りになることはありませんし
確率通りにならないことが、当たり前なのです!

この収束についても勘違いポイントが
あります。

それは確率通りに近ずくために足りない
方がより当たりやすくなるという考えです。

確率で表すものは独立したものの
確率なので確率に近ずくために
確率が変わるなんて話がおかしいです!

試行回数を積む事で実践値が確率に近似値に
収まってくる事を収束と言っているだけで

収束が起きて確率を合わせにいってる
という意味ではないという事です。

 

説明がわかりにくいですね

 

スロットのでの勘違い


スロットで例えると

たくさん連チャンして大当たり確率が良すぎるから
これから確率が収束するためにハマるんじゃないか?
って言う
ちゃんと確率的に考えてるつもりの思考ですね!

スロットを始め
設定の確率を知って一番最初に
ハマりやすい思考だと思います。

スペックが軸の考え方をしては
勝てるようになりません。

何がおかしいんだよって思った方は重症です!

楽しんでる方はいいのですが

勝ちたい稼ぎたいって方は
正しく確率について理解しましょう!

 

連チャンしたからハマる、
ハマったから連チャンする
といった考え方は先に説明した
確率を理解できてないと言えます。

確率を理解している人たちは
もっと簡単に考えています!

ジャグラーで言うとボーナス確率が
良いから設定が良い可能性が高い!
と判断して打ちます。

よく、

確率が良いから設定は良いけど
出すぎてるからもう出ない」

と言う方
もっともらしい事を言ってるようで
確率の収束を間違って考えています。

理解してないと思う点は
設定が良いと断言してることと
これからの確率を予測していることです。

設定のわからないホールで打つなら
総回転数がより多く
BIG・REG共に確率がより良い台を
打つのが一番高設定の可能性が
高く打つ価値があります。


仮に
同じ設定6があるとした場合
片方が2000枚出てて、もう片方がプラマイゼロ
だった場合であったとしても
選ぶ必要もなくどっちを打っても同じです!

たとえ、BIGが少ない方を選んでも
BIGの確率は変わらないです。

結果どっちが多く出るかは
わかりませんし予想できません。


そこを予想したり考えるから
間違った思考になってしまっていると思います。

人間は
自覚無く都合よく考えてしまいがちです。
結果論になっていないかよく考え直しましょう!

 

では今回はこんな感じで終わりです。


それではまた!