自動損切機能付きEA【ver1.40】

EA詳細

2022年3月26日 取引実績更新!!

当EAは平均月利約20%の中利率型EAとなります。

自動損切り機能を搭載、トレンド相場にも強いナンピンEA。
損切りタイミングが難しい相場で、システムの判断に頼ることができるのが当EAの強みです。

現在提供可能なコンテンツは他にもございます。

想定月利

想定月利:約20%
例えば100万円の運用でした場合
1ヶ月約20万円の利益

想定最大ドローダウン

想定最大ドローダウン:40%前後

取引通貨

取引通貨ペア:USD/JPY

最低運用資金

最低運用資金:10万円〜
現在、入金ボーナス100%キャンペーンが適応されます!
5万円の入金に対して5万円ボーナスが付き、運用資金は10万円になります。
まさに入金するだけでお得なキャンペーン中です!

※キャンペーンは終了してしまう恐れがあります。お早めに!

運用時のワンポイントアドバイス

当EAの最大の特徴は自動損切り機能ですが、ボラの低い相場では損切り機能が活かされないケースが発生します。
相場を見られる前提の話になってしまいますが、ボラの低い相場が続いている場合は、運用資金に対して2倍の初期ロットで運用することで利益を最大限獲得することが可能です。
また、突発的なトレンド相場が形成されやすい、月末月初や主要な指標の前後3時間はEAを一時的に止めることで、損切りされる割合を軽減することが可能です。
損切りの回数を減らせばその分、利益分が増える訳ですから結果として利益を最大限得られます。

ロジック詳細

短期的な逆行相場(長期的には順張り相場)の場合には、通貨ペアの動きの特性やボラリティに合わせてナンピンエントリーを入れていきます。
そして全ポジションの損益合計がプラスに転じたタイミングで利確していきます。長期的な逆行相場(トレンド転換期)の場合には、損切りし同時に逆向きのエントリーを入れます。
これにより含み損の増加及び逆向きエントリーの保有時間を短縮し、気持ち的にもストレスを軽減した取引を繰り返せます。
ナンピンというのはエントリーにおける一般的な手法であり、大きな利益を得やすい反面、急激なトレンド転換や大きなトレンド転換には弱いという特性があります。
しかし大きな利益を得やすいというアドバンテージはやはり魅力的です。
その為、ナンピンで安定運用をするためにはどうすればいいのか分析し続けた結果、ナンピンの苦手な相場を検出し、”長期間になる含み損”予備軍のエントリーは損切りすることで得意相場で最大限のパフォーマンスを発揮する仕組みにしております。

バックテスト

期間2020年8月2日〜2021年1月29日 (6ヶ月間)
資金100万円
利益1,495,256円
最大ドローダウン33%

★直近の取引実績を紹介!!

<月間実績>
2022年3月1日〜3月25日

利益:347,388円
【動画】

<週間実績>
2022年3月21日〜3月25日
利益:237,080円

<週間実績>
2022年3月14日〜3月18日
利益:54,784円

<週間実績>
2022年3月7日〜3月11日
利益:66,543円

<週間実績>
2022年3月1日〜3月4日
利益:-11,019円

過去の実績はこちらからご覧下さい。

★無料モニター企画(応募フォーム)

当EAをご希望の方はこちらまで
【ver1.40希望】とお問い合わせ下さい。

無料モニターの詳細はこちらの記事にまとめております。

【無料モニター企画】初心者でも始められる資産運用について
こんにちは!ブログ管理人のKIMURAと申します。本日はタイトルにもある通り「初心者でも始められる資産運用」についてご紹介させていただきます。私がこれまでに2年以上の検証を続けてきた経験を元にFX自動売買業界のリアルな現状や裏側は...

その他ご質問やご不明点がございましたら
お気軽に公式LINEまでご連絡下さい。

ご連絡お待ちしております!

友だち追加

タイトルとURLをコピーしました